1. HOME
  2. ブログ
  3. WEBで分かるお絵かき書道
  4. いつもと違う味がある文字が描きたいと思ったら

いつもと違う味がある文字が描きたいと思ったら

受講生が、私をイメージした名前アートを描いてくれました~!

お名前アートとは?

筆文字で名前と、相手へのメッセージや名前の意味などのポエムを入れて描いたものです。

皆さん、お気づきでしょうか?

文字の雰囲気が、人によってすごく違うと思いませんか?

私の文字の書き方の教え方は「講師のお手本の字」を見て書くだけではないので、こんな風に違う書体、その人の個性が出る文字になります。

相手をイメージすることで文字が変化

レッスンでは、いろんな雰囲気の文字の描き分けを教えています。

誰かにアート書をプレゼントするときは、「プレゼントする相手」を想い、相手のイメージに合う文字にすると、より相手の心に響いてくれます。

例えば、このお二人は、いつもはもっと大人っぽい、シュッとした細い線の多い、エレガントな文字を描かれる方なんですね。

でも今回は、普段より丸っこく、可愛らしい雰囲気よりの文字になっています。

 

これは私が身長が低くて、ぽっちゃり…ゲフンゲフン。
いや、丸みがあって可愛らしい体系をしているからだと思います!(笑)

外見の雰囲気もありますが、内面のほうが、より文字には反映されやすいですね。

私は、コドモッポ…いや子供のような素直な心を持った無邪気な女性なので!(笑)

エレガントな文字より、丸みがあって可愛らしい、素朴な文字が似合うんですよね。(自分でも言うと恥ずかしいな笑)

 

例えば下記2つの文字なら、右の太い文字のほうが似合います。

このお二人は、普段から可愛らしい文字よりなので、そこまで普段の文字から変えられてはいませんが、ちょっと「ぽて」感を出されています。

ちなみに意識してたわけではなく、ほぼ無意識にそう書いてた、という方が多かったですね。

練習を重ねると、考えなくても無意識に書きわけれるようになっちゃうんですよね!

そしてこの方!

普段はすごく可愛らしい文字を書かれるのですが、今回はちょっとそこに「勢い」が足されています。

ご本人いわく、

「えっちゃん先生のカッコよさを出したかった!!」

…だそうです。

私は、自分ではカッコよさの対極にいる人だと思っているんですが(笑)

その方がカッコよさを感じてくれていたというのは、素直に嬉しいですね~♪

 

自分で「私はこんな人」って決めつけるのははあんまりよくないと思っているので、そのへんのこだわりは捨てて、素直に受け取るようにしています(笑)

皆さんも、「違う雰囲気の文字が書いてみたいな~」と思ったら、「誰かをイメージして書いてみる」のがオススメですよ♪

文字の書き分けを学べるレッスンはこちら

作品を描いてくれた方のインスタグラム

こんな記事も読まれています