1. HOME
  2. ブログ
  3. 夫がプロ野球選手になりたいと言い出した~自営業を応援してもらうための4つのこと~

夫がプロ野球選手になりたいと言い出した~自営業を応援してもらうための4つのこと~

好きなことを仕事にしたい!もし、夫に反対されたら…

お絵かき書道家えつこです。

自営業をするようになり、講師を育成するようになって、よくいただく相談のひとつ。

それは

「夫に応援してもらうためには、どうしたらいいか?」

というご相談です。

 

好きなことを仕事にしたい!と、奥様が自営業に一歩踏み出したとき。

もし、夫に反対されたら…?

どうすればいいのでしょうか。

反対されて当たり前、からスタートしましょう!

もし、夫に反対されたら。

「もう!!なんで反対するのよ!!」

と、腹が立つと思います、すごく分かりますよ(笑)

 

そんなときは、まずこう考えてください。

 

もし、あなたの旦那様が、

 

突然”オレ、プロ野球選手になる!!”と言い出したら、どうしますか?

 

はぁ!?

 

って思いませんか(笑)

コイツ何言い出した!?

 

って思いますよね(笑)

 

奥さんの起業宣言は、

夫のプロ野球転向宣言とほぼ同じです。

 

とくに、旦那様も会社員だった場合、「自営業なんてできるわけない」と思っている人が大半ですから。

「もう夢見る年でもないでしょうよ…」と諭してくるはずです。

 

夫が野球選手になりたい、と言い出したら、そう思いますよね?(笑)

 

だから、夫に応援されたい、と思ったら。

 

夫が「野球選手になりたい」と言い出したときに、

どんな夫だったら、応援できるかを考えてみればいいんです。

 

ちなみに私なら…

 

  • 家でも毎日素振り(日々努力している)
  • 会社でも草野球チームに所属(すでに似ていることを行動をしている)
  • 社会人チームでは負けなし(客観的に分かる結果を出している)
  • なぜ野球選手になりたいのか伝えられる(情熱が見える)
  • もしプロになれなかった場合と、引退後どうするかのビジョンがある(リスク管理)

 

そして更にもうひとつ。

 

もし、夫が野球選手になったとき、家族は幸せかどうか?

 

まで考えていないと、応援できませんね(笑)

 

では、これを「書道教室で自営業をする」に置き換えてみましょう。

夫に自営業を応援してもらうためにすること

1)日々、努力している姿をみせる

書道教室を開く場合は、当然「書道」について努力している姿と。

自営業の世界に飛び込むわけですから、「自分でお金を稼ぐ」ために努力できるのかどうか、も見られます。

例えば家計簿をつけていないとか、現状でお金の管理が苦手…な場合、まず、反対される可能性はあがります(笑)

ちなみに私もコレでした(笑)

 

まぁ絶対反対されるわけではないですが、うちの場合も「お金はちゃんとしてね!!」と怒られましたよ。

 

2)お試しでやってみて、自営業をしている姿を相手に想像させる

例えば、野球を全くしたことがない夫が「野球選手になる!」と言ったら、必ず反対しますよね(笑)

 

子どもの習い事と一緒で、

「それ、本当にできるの?やってみたら”なんか違う…”ってならない?」と疑ってしまうわけです。

 

だから書道教室をやるなら、

一度も作品を売ったことがないとか、人前に出たことがないとか、人に教えたことなんてない…

「書道の先生をしている姿」を、夫が想像できないと、反対するわけです。

 

例えば、もし「昔バイトで塾講師をしてた」という人が、何か講師業を始める、となったら、そこまで反対しないはずです。「できそうだな」という想像がつくからです。

 

なので、最初は無料でもいいですから、

「友達に教えてって言われたから教えてみたら、すごく喜んでくれたわよ~」とか、

「ボランティアで施設で教えたら好評だったわよ~」とか、

「友だちに、書いてって頼まれるのよ~」とか、

「試しにフリマで売ってみたら、売れたのよ~!」とか。

 

「お試しでやってみる」

「そしてその結果を見せる」

 

特に男性は、「客観的評価」「数字」を求めます。

 

奥さんが、「私の作品いいでしょ!?」と言っても、評価しませんが、他の人があなたの作品を褒めている、認めている、と分かれば、「へぇ~」と評価してくれたりします(笑)

 

3)リスク管理も考えているところを見せる

なぜ反対するかって、「失敗したときのリスク」があるからです。

自営業は、売り上げが保証されていない世界。

とくに、もし、あなたが共働きで、家系の支出と収入がギリギリだったら、(そもそも把握してるかも大事ね)あなたの収入がもしゼロになったら死活問題ですよね。そういう家庭の場合は、「お金」が原因で反対されることが多いでしょう。

 

「売上が〇カ月までゼロで耐えられるか?」

「〇カ月目から、どのくらいの売上をたてることが目標なのか?」

 

そこまでちゃんと考えているよ~!!と提示すれば、

「こいつ、ちゃんと考えているんだぁな」ということが伝わります。

 

例えば、月8万円くらいの収入であなたがパート(扶養内)をしているとします。

そうしたら、それをしながら、月5万円くらい、筆文字作品を販売して、もし稼げるようになっていたら。

 

「パート辞めて、この2倍筆文字の仕事をしたほうが、10万円くらいの稼ぎになりそうかも」

と言えば、「え、そうなの?じゃあそのほうがいいね」となるかもしれません。

 

ただし、この項目は、夫の収入で食べていけてる…という場合はそこまで重要ではないことも。

その場合は次の項目のほうが大事です。

 

4)奥さんが自営業をすると家族が得することを実感させる

夫が反対する理由は、失敗したときのリスクと、もうひとつ。

例え成功したとしても、家族にメリットがなければ反対する

のが当然です。

 

例えば、夫が野球選手になる例いたとしてもに戻ると、

  • 家でも毎日素振り(日々努力している)
  • 会社でも草野球チームに所属(すでに似ていることを行動をしている)
  • 社会人チームでは負けなし(客観的に分かる結果を出している)
  • なぜ野球選手になりたいのか伝えられる(情熱が見える)
  • もしプロになれなかった場合と、引退後どうするかのビジョンがある(リスク管理)

これらが全部、できていたとしても。

 

この人、

野球選手になったら

ますます家庭を犠牲にするだろうなー

 

と思ったら、応援できません(笑)

 

好きなことをしているあなたは、ご機嫌。

家族にも優しくなれる。

働く時間は減って、入ってくるお金は増える。

 

「自分が幸せになるために、好きなことを仕事にしたい」

だけでは、家族は応援してくれません。

 

「家族を幸せにするためにも、この仕事がしたいんだ」

ということが、家族に伝わっていることが、とても大事です。

 

応援されるかどうかは、シンプルな2原則

ここまで色々書きましたが、ようやくすると

 

応援されるかどうかって、ものすごく単純に、

 

「応援することで

夫にとても良いメリットがあり、

デメリットが夫の許容範囲である」

 

状態にする、ってことです。

なんか、身も蓋もない言い方だけど(笑)

 

あなたの夫が、あなたが好き!を仕事にすることで、

 

1)何をデメリットと感じているか

2)どんなメリットだったら喜ぶか

 

これは、旦那様の性格や、家庭環境によって、違ってくるはずです。

 

夫が何を感じているかを、

夫の気持ちになって寄り添う

しかないのです。

 

夫に感謝の気持ちを伝えよう

私も今回まとめてみて、

色々できてなーい!!と反省しました。

うちの夫はこよく応援してくださってます…(笑)

 

ちなみに、夫が私を応援してくれる理由は…

 

会社員時代の私は、

◆夫よりも遅く帰ってくるほど深夜残業

◆なのに、夫よりも全然給料が安い

状態でした。

 

「もし子供が生まれたら、今の仕事を続けるのは難しいだろう。もっと家にいてほしい。自営業なら、時間に自由が効く。」

「今の職種で稼げるお給料は上限が知れているので、それなら自営業のほうがチャンスがある」

 

と思ったので、

 

2年間の自営業チャレンジ期間を私にくれたそうです(笑)

「2年で結果が出なかったら会社員に戻ってね~」というのが、最初の約束でした。

 

あと、「私はできそう」と思ったらしいです、なんでか知らんけど(笑)

 

なので、今日の記事は、私の所見というより、夫の意見を参考にしました。

 

さすが、男性のついてくるところは、女性には苦手なところが多い!!

 

でも、だからこそ、夫婦ってペアなんだな、と思うのです。

そんな旦那様に感謝の気持ちを伝えつづけることが、応援してもらうためには大事なことだと思います。

 

女性自営業の皆さん、頑張りましょ~!!

 

お絵かき書道家えつこ

「口下手でも想いが伝わる」をコンセプトに、筆文字と筆イラストで、想いを形にするレッスンを開催しています。

初心者向けレッスン
経験者向けレッスン
お絵かき書道家えつこからプレゼント
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事