覚悟を決めるとは、正解探しを辞めること

以前、私が心理学を学んでいたときのこと。

 

先生が、

「決めると自由になる」

って、よく言っていたんですね。

 

私はこれが、わかるよーな、わからないよーな…

って感じでした。

 

でも自分が覚悟を決めたとき。

 

この言葉の意味が、やっと分かりました。

 

ずっとね。

 

 

何かを始めるとき、

「正解が欲しい」と思ってたんです。

 

成功する!って、思えてから、やりたいって。

 

「勝算のない勝負はしない」ってヤツですな。

 

もちろんそれも大事なのよ。

だけど、

 

結局、覚悟を決めるってことは

 

「失敗したら、成功するまで次の手を考える。

成功したら、感謝して、受け取る。」

 

ってことなんだな、と。

 

私の筆文字の師匠も、よくこう言うんですよ。

 

『選択そのものに意味はない。

選択した後、どうするかに意味がある。』

 

って。

 

実際、『正解』なんて分からない。

 

今、間違えた!と思っても、

後にそれが正解になるかもしれない。

 

 

 

「正解」に決めよう、

間違いたくない、失敗したくない、

って思うと、

 

苦しいし、迷う。

 

だけど、

 

 

 

間違えたってなんだって

そこから何かを学び取るんだ!

 

って好奇心を持って、進むのが、

「覚悟」ってことなんじゃないかな。

 

 

ここで冒頭に戻るけど。

『決めると自由になる』

の言葉の意味。

 

『正解を出さなきゃいけない』って、不自由じゃないですか。

 

でも、

『正解でなくてもいいから、やっちゃえ~!』

って、自由ですよね。

とっても!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です