絵手紙オススメ筆ペン①穂先の違い

『筆ペンを買いにいったら、沢山種類があって、どれを買ったらいいか分からない…』

そんなお声をいただきました!

確かに筆ペン売り場にいくと、沢山の筆ペンが並んでいますね。

 

筆ペンの種類の違いは大きく分けると

  • 穂先の違い
  • インクの種類の違い
  • 色の違い

この3つです!

それぞれこの3つの種類を、いろんなメーカーが出しているので、膨大な筆ペンの数になっているのです(笑)

筆ペンの「穂先の違い」

筆ペンの穂先は2種類あります。

  • 毛筆タイプ
  • サインペンタイプ(硬筆/軟筆)
筆ペン_171030_0036.jpg

毛筆タイプ

実際の筆のように、毛で作られた柔らかい筆ペン。ぺんてる社では、「ナイロン」の毛で作られている。

サインペンタイプ

毛ではなく、フェルトなどで「筆の形」に作られている。

ほどよく柔らかい、弾力のある(軟筆)タイプと、弾力の少ない硬筆タイプがある。

 

オススメは毛筆タイプ筆ペン

 

サインペンタイプの筆ペンは、コンビニや100円ショップなどでも販売しているので、手に入りやすく、手軽なのが魅力です。

ボールペンで描くのと同じように描けるので筆ペン初心者でも使いやすいでしょう。

筆ペン_171030_0008.jpg 筆ペン_171030_0012.jpg

ただし、このような欠点があるので、絵手紙にはあまりオススメしません。

サインペンタイプの欠点

  • 穂先が硬いので、「太い線」が描きづらい
  • 筆独特の「かすれ」が表現できない
  • ともすれば普通のペンで描いたような字になる

 

そのため、

絵手紙や筆文字アート、お絵描き書道では 毛筆タイプの筆ペン がオススメです。

毛筆タイプ筆ペンがオススメの理由

 

穂先が柔らいので、

  • 太い・細いの線が自在に描け、表現の幅が広い
  • 握力がいらないので手が疲れにくい

 

毛筆タイプとサインペンタイプ(硬筆)で同じ筆文字を描くと…

筆ペン_171030_0020.jpg 筆ペン_171030_0019.jpg 筆ペン_171030_0023.jpg

オススメ筆ペンの購入はこちら!

 

一押し筆ペンは

 「ぺんてる 中字 墨液タイプ」 筆ペンです。

文具店や東急ハンズ、LOFTなどでも手に入ります。

AMAZONで購入する

楽天で購入する

 

筆ペンを使用した味のある筆文字の描き方はこちらのレッスンでマスター!

 

結び絵手紙~初級・筆文字アート編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です