味がある筆文字の書き方:書き順は守らなくてもいい!

筆文字の書き方のコツ

[voice icon=”http://musubietegami.jp/wp/wp-content/uploads/2017/05/etsuko.jpg” name=”お絵かき書道家えつこ” type=”l”]

こんにちは!お絵かき書道家えつこです。今日はお絵かき書道のレッスンでお伝えしている『筆文字上達のコツ』をご紹介します!

[/voice]

〇〇を守らないことで筆文字が変化する

普通の書道教室でするとかなり怒られる技を伝授します(笑)

 

それは

 

書き順を捨てる

ってことです♪

 

書き順を守らないことで書ける線

なぜ書き順を守らないか、というと。

 

「書き順を守っていたら書けない線があるから」です。

 

例えば「火」という字。

書き順通りに描くとこうなります。

fire.jpg

でも、

本物の火を見てみると・・・

炎って、下から燃え上がっていませんか?

1cea1ec6d16ed990e31e5c836311ab8c_s.jpg

だから、

普段は上から書いていた線を、

炎のように
下から登らせてみると…

ね!

ファイヤー!!

fire2.jpg

「下から書く」を利用してこんな文字を書いてみた

cyahan3.jpg cyahan.jpg

どうでしょう。

強火でパラッパラッのチャーハンがイメージできるでしょうか(笑)

料理のイメージにぴったり合った筆文字を書こう!とチャレンジするのも楽しいですよ♪

お絵かき書道教室と一般的な書道教室の違い

お絵かき書道の楽しさは、こういう自由なところです。

[aside type=”boader”]
  • 書き順を守らなくていい
  • 書きたい線のイメージを優先する
[/aside]

 

ことで、のびのび想像力を働かせて楽しむことができます。

もちろん、書き順を守ってしっかり書く良さもあります!

お子さんには、そのほうが良いかもしれませんね♪

 

だからお絵かき書道教室は「大人のための書道教室」なんです。

今まで書き順を守って書いてきた大人が「壊す」からこそ、意味があると思っています。

 

書き順を守らないことで見えてくるもの

「書き順を守らなくていいんですよ」といったときに、生徒さんから、いろんな反応があります。

 

「守らなくていいんだ!気楽~!!」という人もいれば、

 

「なんだかドキドキしてしまう…」という人もいます。

 

そう、書き順を捨てる、ということは

 

『過去の自分のルールを破る』

 

ことでもあるのです。

 

書き順を守らなくても、大人になった私たちは、あまり怒られることもないと思います。

 

でも、過去のルールを壊そうとするとき、誰に見られているわけでもないのに、

 

『こんなことして、いいのかな?』

 

とドキドキしてしまったり、するんですよね。

 

自分の『こうしたい!!』という気持ちよりも、『これをしてもいいのかな?』『これをしたら、どう思われるかな?』を気にしている自分に、気がつけたりするんです。

 

お絵かき書道教室は、「これをしていいのか?」という観点ではなくて、自分が「やってみたい」「してみたい」気持ちと向き合う時間でもあります。

 

あなたなら、どんな線を「書きたい!」と思うでしょうね♪

お絵かき書道レッスン案内はこちら

大人のお絵かき書道教室

お絵かき書道家えつこ

「口下手でも想いが伝わる」をコンセプトに、筆文字と筆イラストで、想いを形にするレッスンを開催しています。

2018年8月開催レッスン
2018年9月開催レッスン
お絵かき書道家えつこからプレゼント

無料動画レッスンプレゼント中!

口下手でも心を掴める最強ツール♪
筆ペンで感謝カードの書き方レッスン

口下手で人見知り。そんな人でも自然と人と仲良くなれるのが、手書きの「感謝カード」の力です。
しかも筆ペンなら、字が下手な人でも大丈夫!人に喜ばれる作品が作れます

レッスン詳細を見る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

記事更新を見逃したくない時は

メールアドレスを記入すると、記事が更新されたときにお知らせが届きます。