壁を傷つけずにディスプレイできる便利グッズ♪

お知らせ, 筆文字アートの活かし方, 道具紹介

作品を綺麗にディスプレイする方法

私は毎日のように作品を書いています。

人にプレゼントしたりすることもあるけれど、書くスピードのほうが早いので、どんどん作品が貯まります(笑)

 

せっかく書いたのだから、壁に飾ろう!!

と思いたったものの…

「壁に穴を開けないでね」

と夫からチクリ。

 

となると、押しピンは使えない…

 

どうする…!?

 

▼結果、こうなりました

diy03.jpg diy.jpg

 

このディスプレイ、

 

壁が傷つく押しピンも、

壁に貼りつく粘着テープも使ってません♪

 

色紙の裏は、こうなってます。

diy04.jpg

 

 

ぎゃー!!!

 

ガ、ガム!!!????

 

…と思ったあなた、ご安心を(笑)

 

 

 

ブル・タックという、ちゃんとした商品です(笑)

 

これが凄く便利♪

ほとんど練り消しみたいなもので、

テキトウにちぎって貼り付けたいものの裏にくっつけます。

 

  • 何度もつけかえ可能
  • 壁に跡が残らない

優れモノ。

 

5年も前に購入した物を使っていますが、いまだ粘着力は健在なのが驚き!!

 

ただし、重いものは無理。

実験したところ、色紙やポストカードは、ブルタックで壁にくっつきました♪

 

最近は100円ショップでも類似品が販売しているそうです。

 

この飾り方なら、壁を傷つけないので賃貸でも安心ですよ。

 

ブルタックを使用する注意点

ただ、色紙はときどき落っこちてきます…。

 

ちなみに、「紙」素材よりも、ビニール素材の方がくっつきやすいようです。

 

なので、私は100円ショップで売っているポストカード対応クリアポケットを用意して…

diy05.jpg diy02.jpg

そこにポストカードを入れて、ブルタックで壁に貼り付けています。

ハガキは2年以上飾っていますが、落ちてきたことはありません。

 

色紙も、色紙サイズのクリアポケットを購入して、入れてから貼りました。

 

 

ただ、色紙はやっぱりたまーーに落ちます(笑)

 

ブルタック使用するなら

大色紙サイズより

  • 寸松庵(1/4サイズ色紙)
  • 小色紙(ひとまわり小さい色紙)

くらいが良いかもしれませんね。

 

それから、なかなか粘着力が強いので、紙のそのまま貼ると紙の裏面が剥げます…(笑)

 

 

せっかく書いた作品♪

あなたも大事に飾ってみてくださいね!

 

 

お絵かき書道家えつこ

「口下手でも想いが伝わる」をコンセプトに、筆文字と筆イラストで、想いを形にするレッスンを開催しています。

【開催レッスン】

【お絵かき書道家えつこからプレゼント】

口下手でも心を掴める最強ツール♪
筆ペンで感謝カードの書き方レッスン

口下手で人見知り。そんな人でも自然と人と仲良くなれるのが、手書きの「感謝カード」の力です。
しかも筆ペンなら、字が下手な人でも大丈夫!人に喜ばれる作品が作れます

レッスン詳細を見る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

記事更新を見逃したくない時は

メールアドレスを記入すると、記事が更新されたときにお知らせが届きます。