1. HOME
  2. ブログ
  3. 感情を抑圧してはいけない本当の理由

感情を抑圧してはいけない本当の理由

今日は、お絵かき書道セラピスト育成クラス第一回目の、「禁止感情と向き合う」セラピーのレポートです♪

××しちゃいけない…と思っていること、ありますか?

オンラインでスタートした「お絵かき書道セラピスト育成クラス」。

第一回目のテーマは禁止感情と向き合うワークをしました。

 

「禁止感情」とは、自分が「感じてはいけない!」もしくは「表現してはいけない!」と思っている感情のこと。

例えば、こんな感情があります

「イライラしちゃいけない」「不機嫌になる自分が嫌い」「落ち込みやすいのが嫌…」

そんな風に、「この感情はNO!」って思っちゃっているものを、見つけるワークです。

禁止感情って…禁止にしたままで、いいんじゃないの…??できれば怒りたくないですよ…

…だと思いますよね!

ところがどっこい、ダメなんです(笑)

「禁止感情」がダメな理由

感情を禁止してしまう原因は、過去に、

「その感情を表現したことで、誰かを傷つけた」

「誰かに、その感情を表現されたことで、傷ついた」

このどちらかが多いです。

例えば、子供のころ、怒りを抑えられなくて友達を失った、とか、泣いたせいで親を困らせた…とか。

はたまた、よく怒る親が怖くて、あんな風にはならないぞ、と決めたとか…。

でもね、これ、「感情」そのものは、問題ないんです。

自分の自尊心や大切なものを傷つけられたときは、怒っていいし、大切なものを失ったときは、悲しんでいいじゃないですか。

それで自分が傷ついたり、誰かを傷つけたと思ったときは、「感情が悪かったのではないんです。

「表現方法が未熟だった」だけ。

感情は、「自分が何を望んでいるか」教えてくれる、とても大切なもの。

私たちは、感情を抑え込むことではなく、「感情の表現方法について学ぶこと」が必要なんです。

怒りは、あなたの「理想」を教えてくれます。

悲しみは、あなたが何を愛しているか、教えてくれます。

嫉妬は、本当はあなたが望んでいること、教えてくれます。

「感情」そのものを否定してしまうと、「欲求」にも気づけなくなってしまうんです。

勘違いしている方も多いんですけど、「ハッピー気分だけ味わえる人生」は、どんなセラピーを受けても実現しません(笑)

感情が湧くときは、自分の欲求に気づくチャンス!なんですね。

えぇっ!じゃあ、怒ったり落ち込んだりって、一生続くんですか!?

いつか、何事にも動じない自分になりたかったんですけど…

そうね…「自分の抑えた欲求」に気づかせるために、感情が起きているから…。

隠れた欲求に素早く気が付いて、自分で満たせるようになると、感情に振り回されにくくはなるよね!

感情の奥にある「本音」に気づくには

私は普段、他人に怒ることはあまりないのですが、身内にはわりと怒ってしまうほうです。そういう方って多いんじゃないでしょうか(笑)

これは、他人よりも身内に対してのほうが「期待」が大きいからですよね。

「親なら~」「夫なら~」「…もっとこうしてよ!」

そんな期待が、怒りに変わります。

でも!

ここで

「あぁだめだめ、怒っちゃ…」

「なんでこんなイライラしちゃんだろう…そんな自分がイヤ…」

と、怒りを抑えつけても、怒りは消えてくれません。

「怒り」は、あなたに「自分の欲求はこれだよ!」と教えてくれているもの。

例えばそう…

「もっと大事にしてほしい」

「一人の時間を持たせてほしい」

「助けてほしい」

「気にかけてほしい」

「かまってほしい」

などなど…。

欲求があるからこそ、感情は湧き上がってきているから。

感情と向き合う第一段階は、「感情の奥にある”欲求”は何なのか?」に気づくことです。

そして、第二段階が、「その欲求を満たす」ことです。

禁止感情と本当の欲求に気づくためのワーク

お絵かき書道セラピスト育成クラスの第一回では、禁止感情と、その奥の欲求に気づくための「アニマル・エモーション・セラピー」を皆さんに実践してもらいました!

・なぜ、その感情を禁止するようになってしまったのか?

・その感情の奥になる「欲求」は何だったのか?

・自分の感情だけではなく、他人の「感情」と「欲求」を想像する

そんなことを振り返るのですが、「動物」の例えを使うことで、辛くなりすぎず、客観的に振り返ることができるセラピーワークです。

アニマル・エモーション・セラピー感想

感情は出していい…出したほうがいい

過去の感情には、蓋をして、考えないようにしてきました。でも、今回のワークのおかげで、相手の気持ちも自分の気持ちも、俯瞰して、第三者的に見ることができました感情を抑えるのが当たり前になっていたけど、自分の欲求に気づくためには大事なことなんですね。


ずっと昔から持っていたトラウマが解放されて気が楽に…

昔のトラウマで、ずっと縮こまっていた自分がいたことに気が付きました。

でも今回、そのときの自分の感情、相手の気持ちを目線を上げて考えることができました。

そうしたら、相手も悪意はなかったし、そんなに深い意味もなかったんじゃないか…と気持ちが変わりました。

そのときの経験で、感情は出さないほうがいいやと、決めていたのですが、そんなことする必要なかったんだ!と気が付いて、今すごく気持ちが楽になりました。

相手の気持ちが理解できるようになった

(最初のワークの説明の)「過去の記憶は変換できる」ことに驚きました。自分だけじゃなくて、相手の気持ちも深堀して考えたことで、多観点を持てるようになったと思います。自分が思っていたことがすべてじゃなかったんだなと。

普段は、あんまり感情を出さないほうなんですけど、この場では自分の気持ちを言えたのが嬉しかったです。


隠したい感情と向き合えた

受ける前は、自分を知ることが不安で、隠したい自分がいました。

このセラピーでは、自分を動物に例えて客観視する、というやり方は目から鱗でした!そのほうが、自分の気持ちを出しやすかったです。

隠したい感情も、顔や態度に出ちゃってたとは思うんですが、「本当はどうしたいのから」は逃げちゃってた気がします。そこから逃げないで、日常に活かせるワークでした。

動物に例えるとわかりやすいです!自分をよく知れた!

今まで感情を見て見ぬふりしていたり、無視しているところがありましたが、感情のさらに奥を見るクセをつけていけば、自分の喜怒哀楽と上手に付き合っていけるんですね。そして、喜怒哀楽って、何があっても生きている証拠だなと思えました。

一回目の講座でここまで深く色んなことが話せたことが、驚きでした。


相手の愛情に気が付けた

ワークの中で、自分のことだけではなくて、相手が何を求めていたのかを考えることによって、自分の勝手な思い込みに気が付けました。

言われた言葉で自分が傷つけられたと思っていたけど、相手も、私を責めるつもりではなくて、心配とか、愛情からの言葉だったんだなと思えました。

今後の人間関係の中でも、勝手な自分の思い込みではなく、素直な気持ちで相手の言葉を受けられるようになれそうです。

もっと寛容な自分になれそう

些細な言葉で、イライラしたり、煮詰まったりすることがあったけど、今回のワークを受けて、もっと言葉を寛容に受け止められるようになりそうです。そのほうが自分自身が楽になれそうだなと。自分が楽にならなきゃダメですね!

ありのままで自分で、したいことに気が付いた

自分を深堀することってあんまりやったことなかったんですが、実は幼少期にめっちゃトラウマあるやん!と気が付いてしまいました。

自由でいいじゃん、世間の常識にとらわれなくていいじゃんと思っている自分と、そこに乗っかったほうが楽じゃん、という自分がいて。

今回、私は自分をチーターに例えたんですが、それは、本当は思い切り走りたい!という気持ちの現れ。今の自分のままでいいやん!そのまんまで自由にビューンと走ろう!と思えました。

人を動物を例えると、自分のことも人のことも、客観的に、優しくみられるような気がします!

辛い気持ちになりすぎず、自分の感情を浄化できるのが「アニマル・エモーション・セラピー」の良いところです♪

お絵かき書道セルフセラピー講座の中でも開催予定なので、お楽しみに!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事