罪悪感を手放す「ごめんなさい」の絵手紙セラピー

結び絵手紙セラピー

[voice icon=”http://musubietegami.jp/wp/wp-content/uploads/2017/05/etsuko.jpg” name=”お絵かき書道家えつこ” ” type=”l”]結び絵手紙セラピーワークショップで体験するワークの体験談が届きました![/voice]

 

罪悪感を手放す「ごめんなさい」の手紙

 

誰かや何かにモヤモヤするとき。腹が立つとき。

実は、その奥に「罪悪感」が隠れていることが本当に多いのです。

例えば、講師の私自身も、母親に対してずっと腹が立っていることがありました。

 

でも、実はその心の奥に隠れていたのは、「母に対する怒り」ではなくて、「母を幸せにできなかった自分に対する怒り」でした。

 

そんな私の実体験をもとに作ったのが「ごめんなさいの手紙」のワークです。

 

腹を立てている相手や、自分が一番「謝りたい」相手を決めて、「ごめんなさい」の手紙を書く…というシンプルなワークですが、これが効果絶大!

参加してくれたのぶりんさん(女性・自営業)が、体験談を送ってくださいました。

 

ごめんなさいの手紙ワーク体験談

<のぶりんさんのブログから引用>

お父さんが悪いんだもん!って思っていたのに…

 

なんか上手くいかない時って、感情の奥に罪悪感があるんですって。

「こんな私でごめんなさい!」っていう罪悪感。これは心の奥にあって、子供の頃に感じた罪悪感が影響大きいみたい。

「こんな私はダメな子」って思いたくなくて、認めるのが怖くて「だってあっちが悪いんだもん!」ってなっちゃう。

 

<中略>

私は16歳の時に白血病で亡くなった父に手紙を書きました。忙しかった父はあまり家にいない人でした。

反抗期真っ盛りの時に亡くなってしまい、重い病気だと知らされていなかったので、最期までお父さんに優しくできませんでした。

「だってお父さんが悪いんだもん!」って思ってました。

でも違ったんですね。手紙を書いてわかりました。

ずっと罪悪感を心の奥に封印してたんですね。

書き始めの1行目で涙が溢れて、鼻水すすりながら一気に書きました

 

全員が号泣…

 

書いた後、相手役を決めてその人に向かって手紙を読み上げました。

父役をお願いした方の前に座り「お父さんへ」と言った瞬間…

 

涙がドバーーーッ

他のメンバーの手紙を聞いて、またまた涙ドバーーーッ

全員が大号泣!

 

このワーク最初から最後まで泣きっぱなし!

 

父に謝ることはもうできないけれど…

 

ずぅっと誰にも言えなくて、心の奥にしまってきた想い。

初めて吐き出して、なんかスッキリしました。

父に謝ることはもうできないけれど、R子さんが聴いてくれて、一緒に泣いてくれたから、私は罪悪感を手放せたのかもしれません

ワークの最後は筆文字で↓

 

[voice icon=”http://musubietegami.jp/wp/wp-content/uploads/2017/05/etsuko.jpg” name=”お絵かき書道家えつこ” type=”l”]

のぶりんさんも、一緒に参加された方も涙を思いきり流して、スッキリした1日でした!

手紙を書くだけなら自分でもできますし、とってもおススメのワークです。

ワークショップの中では、お互いに手紙を読み上げることで、さらに感情をリアルに感じて、吐き出すことができるんですよね。

「人」の力で助けあえるのが、ワークショップの良いところです♪

[/voice]

このワークを体験できる講座はこちら

 

結び絵手紙セラピーワークショップ

お絵かき書道家えつこ

言えない本音も形にできる結び絵手紙教室主催。
神奈川(川崎・横浜)をメインに、東京など、関東圏で活動中。
筆ペンを使用して、想いを言葉にする筆文字や、ほっこり可愛いお絵かきの仕方をお伝えしています。

口下手でも心を掴める最強ツール♪
筆ペンで感謝カードの書き方レッスン

口下手で人見知り。そんな人でも自然と人と仲良くなれるのが、手書きの「感謝カード」の力です。
しかも筆ペンなら、字が下手な人でも大丈夫!人に喜ばれる作品が作れます

レッスン詳細を見る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

記事更新を見逃したくない時は

メールアドレスを記入すると、記事が更新されたときにお知らせが届きます。