1. HOME
  2. ブログ
  3. 名前のことだま(R)
  4. 名前から分かる使命を詩にする使命詩とは

名前から分かる使命を詩にする使命詩とは

名前のことだま(R)とは?

あ、い、う、え、お…ひらがな全てに「ことだま」がある

ふでこちゃん、”あ”という音に、どんな意味があるか知ってる?

えっ「あ」ですか!? 
「亜(あ)」…だったら確か2番目って意味で…
「吾(あ)」なら、『自分』って意味でしたっけ??

漢字の「あ」の意味ではなくて、ひらがなの「あ」、つまり「”あ”の音」の持つ意味のことよ~!

えぇ~…!?「あ」だけで意味があるんですか…!?

そうなの。例えばふでこちゃん、何かに閃いたり、発見したとき、何て言う?

閃いたとき…あっ!! 
「あ」って言いますね!

その通り! えっ!閃いた!、とは言わないでしょ?笑

そうですね、「えっ」なら「閃いたの?(疑問)」て感じですね

そうそう。
「あ」は、「天(あま)からの閃きを受け取る」という”ことだま”を持った音なのよ。

だから「あめ(雨)」「あさ(朝)」など、上に関係するものに「あ」の音がつくことが多いのね。

なるほど~!!「あ」だけでも意味があるんですね…!

そうそう、日本語ってとっても奥が深いの。
そして、この音の持つ「ことだま」で、「名前」の使命をひも解いたのが、「名前のことだま(R)」なのよ。

名前の…使命?

そう!例えばね、「あ」という音が「天(あま)」の響きを持っているとすると…

「あっちゃん」という名前で呼ばれている人は、その「ことだま」を一番受けている人になるわよね。

ふむふむ…そうですね!!

だから「あ」の名前がつく人は、直感ひらめき型でアイデアマンであることが多いの。
次から次へとあたらしいことをするような人ね。

芸能人で言うと、まだオンラインサロンがよく知られていない時代に始めた西野亮廣(きひろ)さん、芸人から歌手デビュー、YouTuberと次々転身した中田敦彦(つひこ)さんなんかが、分かりやすい「あ」の人だね。

なるほど~!そんな意味が50音全部にあるのですね!?

そうなの♪

ふでこちゃんにも「ふ」「で」「こ」それぞれに意味があるのよ♪

し、知りたーい!!

名前は誰のためにある?

そしてね、この「ことだま」で育つ力は、自分のためにあるのではないのよ。

え…?自分のためじゃない?

ふでこちゃん、自分で自分の名前呼ぶのと、人に呼ばれるの、どっちが多い?

それは当然、呼ばれるほうですね!!
こどものときは自分で自分の名前言ったりもしますけど…笑

そうよね。
じゃあ、名前を呼ばれるときって、どんなとき?

え~…何か用事あるときとが多いかな…?

そう!

名前は、『誰かがあなたを必要としているときに聞こえる音』なの。

だから、ことだまで育つ力は、人助けのため。
「あなたが人から何を求められているのか、使命を教えてくる音」なのよ。

ひゃ~!!!奥が深いんですね~~!!!

名前を好きになることで自分を好きになれる

自分の名前の意味を知りたくなってきたでしょう?笑

はいっ!!!

名前のことだま(R)の意味を知るには、本も出ているんだけどね。

created by Rinker
世界文化社
¥1,100 (2021/06/19 21:09:27時点 Amazon調べ-詳細)

わ~さっそく買います!!

ちょっと待って、ふでこちゃん!

実は今度、この本の著者の一人であり、名前のことだまの創始者である「山下弘司」先生と、名前のことだまの講座があるのよ!

それに申し込むと、この本、もらえるので、まだ買わないで!(笑)

あら、もらえるんですね♪
その講座はどんな講座なんですか?

名前のことだまの使命をアート書道で

名前のことだまの創始者の山下先生から、ひらがな50音で分かる名前の使命を学んで、それをアート書道でポエムにする講座だよ♪

ほら、こんな風に♪

わぁ、素敵です!!

書道未経験からOKで、アートな筆文字で、こんな使命を詩にして人に伝えていく人になるための講座よ。

ことだまの講義を山下先生が、
アート書道の部分は私が担当します♪

月2回、4か月、オンラインでみっちり学ぶコースよ~!

詳しくは名前のことだま(R)使命詩のページを見てね。

はーい!これで私の名前の使命も分かるんですね♪
そしてそれが、アートな作品にできちゃう、と♪

その通り~♪
自分の名前だけではなくて、名前によく使われる音の意味を全部しれるから、家族や友達の意味も分かるよ♪

自分の名前も好きになるし、
自分が何をしていったらわからない、
夢がない…

なんて人にも、オススメです♪

こんな記事も読まれています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。